November 20, 2019 / 3:43 AM / 17 days ago

正午のドルは108円半ば、円高続かず

 11月20日、正午のドルは前日NY市場終盤とほぼ変わらずの108円半ば。写真はハノイで2016年5月撮影(2019年 ロイター/Kham)

[東京 20日 ロイター] - 正午のドルは前日NY市場終盤とほぼ変わらずの108円半ば。米中対立への懸念から一時108.36円まで下落したが、正午には値を戻した。市場では引き続き、米中交渉の行方に一喜一憂する展開が続くとの指摘が出ている。

日本時間けさ、 米上院は香港の自治を米政府が検証する「香港人権・民主主義法案」を可決。中国外務省は声明を発表し「中国の内政に露骨に干渉している。(米国を)非難し、断固反対する」と反発した。

日経平均が一時下げ幅を広げたこともあり、為替市場でもいったん円買いが強まったが、香港株が小幅な下げにとどまったことなどから、ドルはその後じりじりと値を戻した。人権法案は両院の調整を経てトランプ大統領へ送付されるが、その時期は「年明け以降になるとの観測もある」(証券)という。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below