May 20, 2019 / 3:10 AM / in 3 months

正午のドルは110円前半、予想外のGDP拡大で一時円売り

 5月20日、正午のドル/円は、17日のニューヨーク市場午後5時時点に比べ、小幅にドル高/円安の110.23円付近。写真はマニラで2013年4月撮影(2019年 ロイター/Romeo Ranoco)

[東京 20日 ロイター] - 正午のドル/円は、17日のニューヨーク市場午後5時時点に比べ、小幅にドル高/円安の110.23円付近。

1―3月の実質国内総生産(GDP)の伸び率が前期比プラス0.5%と市場予想を上回ったことで、投機筋を中心に円売りが活気づき、ドルは一時110.32円まで上昇した。

この日は早朝から、カナダドル/円、豪ドル/円などのクロス円での円売りが目立ち、対ドルでの円売りも、こうしたクロス円での円売り基調が背景にあったとみられる。

しかし、円売り一巡後は、GDPの内容があまり強くないとの認識が広がり、110.18円まで反落した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below