June 21, 2018 / 3:26 AM / a month ago

正午のドルは110円半ば、18日以来の高値

[東京 21日 ロイター] - 正午のドルは前日NY市場終盤の水準から小幅高の110円半ば。一時110.64円まで上昇し、18日以来3日ぶり高値をつけた。この日のアジア市場では各国株価が堅調で、海外市場で円が売られた流れが続いた形となった。

 6月21日、正午のドルは前日NY市場終盤の水準から小幅高の110円半ば。写真はフィリピンの首都マニラで2013年4月撮影(2018年 ロイター/Romeo Ranoco)

市場では「日本に加えて欧州でも当面低金利政策が続く見込みとなり、市場で大きなシステムリスクは発生しづらい状況。米中貿易問題でクロス円を売ってはみたものの、売り持ちを続けるのは容易ではない」(外銀)との声が出ていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below