August 21, 2018 / 3:15 AM / a month ago

ドル110円付近、米大統領の利上げけん制で約2カ月ぶり安値

[東京 21日 ロイター] - 正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べわずかにドル安/円高の109.99/110.01円。

 8月21日、正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べわずかにドル安/円高の109.99/110.01円。写真はワシントンで2015年3月撮影(2018年 ロイター/Gary Cameron)

トランプ米大統領が20日、米連邦準備理事会(FRB)の利上げ路線を改めて批判し、米中通商協議での進展に懐疑的な見方を示したことを受け、ドルは一時109.77円と約2カ月ぶりの安値まで下落した。

110円割れではストップを巻き込んでいったんは下げが勢いづいたが、その後の下落のペースが緩慢だったことや、「久々の109円台で実需筋などからドルの押し目買い需要がある」(外為アナリスト)ことなどで、正午までにドルは小幅に反発した。

一方、ユーロは一時1.1544ドルと8月9日以来約2週間ぶりの高値に達した。「先物でユーロロングがやっと解消したため、ユーロの足取りは軽くなっている」(FX会社)との指摘が出ていた。

ユーロ/円は126.76円まで上昇したが、ドル/円での円高のあおりで伸び悩んだ。

米先物取引委員会(CFTC)が公表したデータを下にロイターが計算したIMM通貨先物の投機部門の取り組み(8月14日時点)で、ユーロは前週の1万0565枚のロングから1789枚の小幅なショートに転じた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below