November 21, 2018 / 3:22 AM / a month ago

正午のドルは112円後半、底堅いが上値も重い

 11月21日、正午のドルは前日NY市場終盤の水準から小幅高の112円後半。日本や中国の株価が寄り付き後に下げ幅を縮小させたことなどを背景に、一時112.93円と17日以来の高値をつけたが、値動きは小幅だった。写真はジャカルタで10月撮影(2018年 ロイター/Beawiharta)

[東京 21日 ロイター] - 正午のドルは前日NY市場終盤の水準から小幅高の112円後半。日本や中国の株価が寄り付き後に下げ幅を縮小させたことなどを背景に、一時112.93円と17日以来の高値をつけたが、値動きは小幅だった。

きょう権利行使期限を迎えるオプションに絡む売買が、値動きを抑制しているとの指摘もあった。

クロス円もほぼ横ばい。海外市場で売られた豪ドルやNZドルにはやや買い戻しも見られたが、大きな動きにはつながらなかった。

市場では「新興国は下げ渋るなど、本格的なリスク回避ムードには至っていない。米株が下げ止まれば、ドル/円も切り返す可能性はある」(外銀)との声が出ていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below