April 22, 2019 / 3:19 AM / 3 months ago

正午のドルは111円後半、米原油先物が半年ぶり高値

 4月22日、正午のドル/円は、19日東京市場の午後5時時点とほぼ同水準の111.94/96円。写真はハノイで2016年5月撮影(2019年 ロイター/Kham)

[東京 22日 ロイター] - 正午のドル/円は、19日東京市場の午後5時時点とほぼ同水準の111.94/96円。

復活祭後のイースターマンデーのため海外勢の参加が低迷した午前の取引で、ドルは仲値公示にかけて一時111.99円と強含んだ。

しかし、その後は調整的な売りに押されて111.90円まで下落した。

112円台では実需勢(輸出企業など)のドル売り需要が根強いとされ、「特に、きょうは、海外勢不在の中で上値追いをする雰囲気でもない」(国内銀)という。

一方、米原油先物Clc1は一時65.87ドルと昨年10月以来の高値をつけた。現在も高値圏を推移している。

米国が22日にイラン産原油を輸入している全ての国に対し、近く輸入を停止するように求め、停止しない場合は米国の制裁対象となることを発表すると伝わったことが材料となった。

ドル指数.DXYは97.384で小幅安。ドル指数は原油価格と逆相関関係になりやすいが、いまのところ目だった動きは見られていない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below