August 23, 2018 / 3:25 AM / a month ago

正午のドルは110円後半、1週間ぶり高値 対豪ドルの買い波及

[東京 23日 ロイター] - 正午のドルは前日ニューヨーク市場終盤の水準から小幅高の110円後半。一時110.89円まで上昇し、今月17日以来1週間ぶり高値をつけた。

 8月23日、正午のドルは前日ニューヨーク市場終盤の水準から小幅高の110円後半。一時110.89円まで上昇し、今月17日以来1週間ぶり高値をつけた。写真はハノイで2016年5月撮影(2018年 ロイター/Kham)

午前の取引で目立ったのは豪ドルAUD=D3。21日の与党自由党の党首選で勝利したターンブル首相に対し、党内で退陣を迫る動きが活発化。対立候補だったダットン氏が党首選の再実施を呼び掛け、現地メディアは首相が出馬しない見通しと報じた。

豪ドルは朝方の0.73ドル半ばから0.72ドル後半へ大きく下落。豪ドル/円AUDJPY=Rも81円前半から80円後半へ売られた。

米ドルは対豪ドルでの買いが他通貨へ波及する形で軒並み高。ユーロも朝方の高値1.16ドル付近から1.1551ドルまで下落した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below