April 23, 2019 / 3:27 AM / a month ago

正午のドルは111円後半、ドル売りの8割は輸出勢か

 4月23日、正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル安/円高の111.75/77円。写真はハノイで2016年5月撮影(2019年 ロイター/Kham)

[東京 23日 ロイター] - 正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル安/円高の111.75/77円。

早朝の取引でドルは111.98円まで上値を伸ばし、112円台でドルを売るチャンスを待ち構えていた輸出企業に期待を持たせたが、上昇はまもなく失速した。

その後は112円台でのドル売りをあきらめた輸出企業によるドル売りが次々と流入したため、ドルは111.65円まで下落した。

「仲値後も散発的に実需のドル売りが出ていた。(午前の)ドル売りの8割がたは、輸出勢によるものとみられる」(外為アナリスト)という。

輸出勢のまとまったドル売りの背景には、大型連休中または今週後半の円高リスクを警戒していることがある。

今週は26日に日米首脳会談があるほか、その前に日米財務相会談、日米通商交渉の第2回会合も控えている。

市場では「トランプ大統領が会談中やその前後に、『ドルが高すぎる』などの発言をすることはないだろう」(FX会社)とされるが、通常の年であれば既に公表されているはずの半期に1度の米為替報告書(米財務省)もまだ出ておらず、実需筋の警戒感は根強い。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below