2017年11月24日 / 03:42 / 19日前

正午のドルは111円前半、仲値以降は一進一退

[東京 24日 ロイター] - 正午のドル/円は、23日ロンドン市場午後3時時点に比べ、わずかにドル高/円安の111.31/33円だった。祝日明けの実質的な五・十日だったこともあり、仲値公示にかけて輸入企業などからドル買い/円売りが入った。111円半ばまで強含んだが、その後は買いが続かなかった。

 11月24日、正午のドル/円は、23日ロンドン市場午後3時時点に比べ、わずかにドル高/円安の111.31/33円だった。写真は都内で2009年11月撮影(2017年 ロイター/Yuriko Nakao)

朝方に安値111.20円をつけたドルは、仲値に向かって買いが優勢となり、111.45円まで上昇した。祝日前の22日高値から1円以上下落した水準だったこともあり、短期筋や個人投資家からの買いもみられたという。

ただ、その後は買い材料に乏しく、伸び悩んだ。正午にかけて111.20─30円台で一進一退となった。

23日は市場が薄い中、ドルは一時111.07円まで下落し約2カ月ぶりの安値をつけた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below