January 25, 2019 / 3:20 AM / 23 days ago

正午のドルは109円後半、英ポンド1カ月ぶり高値

 1月25日、正午のドルは前日NY市場終盤の水準と変わらずの109円後半。アジア株が全般底堅く、前日海外で強まった円高の流れは一服となったが、円を押し下げるには力不足だった。写真はベルンで2011年8月撮影(2019年 ロイター/Pascal Lauener)

[東京 25日 ロイター] - 正午のドルは前日NY市場終盤の水準と変わらずの109円後半。アジア株が全般底堅く、前日海外で強まった円高の流れは一服となったが、円を押し下げるには力不足だった。

市場では、来週に英国の欧州連合(EU)離脱協定案採決や、米中通商協議などを控えていることが、値動きの鈍さにつながっているとの指摘もあった。午前のドルの値幅は上下27銭だった。

午前の取引で目立ったのは英ポンド。143円前半から後半へ上昇し、12月半ば以来1カ月ぶり高値をつけた。大衆紙サンが24日、北アイルランドの地域政党の民主統一党(DUP)が、メイ首相の離脱案について、アイルランドとの国境問題に明確な期限を設けるのであれば、支持することを決定したと報道したことが手がかりとなった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below