September 26, 2018 / 3:32 AM / 21 days ago

正午のドルは112円後半、2カ月ぶり高値圏で小動き

[東京 26日 ロイター] - 正午のドルは前日NY市場終盤の水準から小幅安の112円後半。一時前日高値をわずかに上回る113.03円まで上昇し、7月19日以来2カ月ぶり高値をつけたが、日米首脳会談やFOMCなどの重要イベントを控え、動意はほとんどなかった。午前の値幅は上下わずか14銭だった。

 9月26日、正午のドルは前日NY市場終盤の水準から小幅安の112円後半。写真はニューヨークで2013年11月撮影(2018年 ロイター/Eric Thayer)

ユーロも132円後半でもみあい。プラート欧州中央銀行(ECB)専務理事は25日、先のドラギ総裁の講演に言及し「目新しいことは何もなかった」と指摘した。

ドラギ総裁は24日、ユーロ圏の基調的なインフレの加速は「比較的旺盛」と発言し、ユーロが買われる一因となっていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below