July 26, 2019 / 3:54 AM / in 4 months

ドル108円半ば、ユーロは1週間半ぶり高値圏

 7月26日、正午のドルは108円前半。海外市場では米金利の上昇に伴ってドルが買われたものの、東京市場では上値に控える戻り売りが多いといい、買い上がる動きは限られた。写真はカイロで2016年12月撮影(2019年 ロイター/Mohamed Abd El Ghany)

[東京 26日 ロイター] - 正午のドルは108円前半。海外市場では米金利の上昇に伴ってドルが買われたものの、東京市場では上値に控える戻り売りが多いといい、買い上がる動きは限られた。午前の値幅は108.57─108.73円と上下16銭にとどまった。

ユーロは121円前半。欧州中央銀行(ECB)の追加緩和見送り後につけた1週間半ぶり高値圏で一進一退となった。

ECBは25日の理事会で、主要政策金利を据え置くと同時に、追加利下げや資産購入の再開を検討する方針を明らかにした。フォワードガイダンスの強化や資産購入の再開などを含む、追加緩和の選択肢を検討するようスタッフに指示がなされた。

市場では「事実上の予告をした以上、9月に何らかの手を打たざるを得なくなった。利下げを見込む向きが多いが、マイナス金利を広げるのに必須な階層化をどう実現するのか。量的緩和の再開やフォワードガイダンスの強化あたりが、次の有力な一手となるのではないか」(みずほ銀行チーフマーケット・エコノミストの唐鎌大輔氏)との声が出ていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below