August 26, 2019 / 3:28 AM / 3 months ago

正午のドルは105円半ば、人民元は11年半ぶり安値更新

 8月26日、正午のドル/円は、23日のニューヨーク市場午後5時時点(105.39/42円)に比べ、若干ドル高/円安の105.47/49円。写真はカイロにある両替所の広告。2016年11月撮影(2019年 ロイター/Mohamed Abd El Ghany)

[東京 26日 ロイター] - 正午のドル/円は、23日のニューヨーク市場午後5時時点(105.39/42円)に比べ、若干ドル高/円安の105.47/49円。

早朝の取引では、トルコリラをはじめクロス円での円高が進んだことを背景に、ドルも104.46円まで下落し、1月3日以来の安値をつけた。

しかし、売り一巡後は「久しぶりの104円台ということで、輸入企業など実需のドル買いが出たもようだ」(アナリスト)とされ、ドルは持ち直した。

また、中国人民銀行がこの日の対ドル基準値を1ドル=7.0570元と、23日に比べわずかに人民元高水準に設定したことも好感され、ドルは105.79円まで反発した。

一方、国内市場の人民元CNY=CFXSは一時1ドル=7.15元付近まで下落し、2008年2月以来、11年半ぶりの元安水準をつけた。

市場では「対中関税発動を織り込んだ人民元売りが続いている」(証券会社)との見方がもっぱらだ。

中国商務省は23日、米国から輸入する約750億ドル相当の製品に5─10%の追加関税を課すと発表。

トランプ大統領はこれを受け、「米企業に対し中国の代替先を直ちに模索するよう命じる。事業を米国に戻し、米国内で生産することも含まれる」とツイッターに投稿した。さらに、米政権は対中制裁関税第1―3弾の税率を25%から30%、第4弾の税率を当初予定の10%から15%にそれぞれ引き上げると発表した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below