April 27, 2018 / 3:24 AM / a month ago

正午のドルは109円前半、日銀が金融政策の現状維持を決定

[東京 27日 ロイター] - 正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、小幅にドル安/円高の109.14/16円。

 4月27日、正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、小幅にドル安/円高の109.14/16円。写真は都内で2014年1月撮影(2018年 ロイター/Yuya Shino)

日銀は金融政策決定会合で金融政策の現状維持を決定した。

正午過ぎに、日銀のニュースが伝わると、ドルは109.17円から109.22円付近まで一時的に、若干上昇した。しかし、その後は109.18円まで軟化した。

この日は午前11時を挟んでドルが109.30円台から109.15円まで下落する場面があった。下落のきっかけは月末のドル売りフローとみられている。

注目されていた南北首脳会談が始まり、米ホワイトハウスは、同会談が朝鮮半島全体の平和と繁栄につながることを期待するとの声明を出した。

米10年国債利回りは、4月24日から3%台に乗せ、ドル高に寄与したが、この日は、一時ビッドサイドで2.9700%まで低下し、ドルの上値を重くした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below