January 27, 2020 / 3:32 AM / 23 days ago

正午のドルは108円後半、19日ぶり安値からの戻り鈍い

 1月27日、正午のドル/円は、24日のニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル安/円高の108.92/94円。写真はジャカルタで2018年10月撮影(2020年 ロイター/Beawiharta)

[東京 27日 ロイター] - 正午のドル/円は、24日のニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル安/円高の108.92/94円。早朝の取引で108.73円まで下落し、今月8日以来19日ぶりの安値をつけた。

新型ウイルスの感染者が増加したとの中国からの報道に加え、イラクの首都バグダッドの制限区域「グリーンゾーン」内に26日夜、5発のロケット弾が撃ち込まれ、少なくとも1発が米大使館の敷地内に着弾、3人が負傷したと報じられた。これを受け、海外短期筋が円を買い戻したことがドル安/円高の背景。

円高はクロス円でも顕著で、ユーロ/円は119.94円と2カ月ぶり安値、豪ドル/円は74円前半と2週間半ぶり安値圏まで下落した。

海外勢による売り一巡後は、本邦勢が値ごろ感からドルに買いを入れ、ドルは仲値にかけて109.04円付近まで反発した。しかし、本邦勢の買い一巡後、市場のセンチメントはリスク回避ムードに回帰し、ドル/円の上値は重くなった。

市場では「本邦実需勢が値ごろ感から108円台を買ってきたのは驚きだ。新型肺炎の感染拡大や中国や世界経済への悪影響について、まだ楽観的な見方をしているのかもしれない」(外国運用会社)との指摘が聞かれた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below