February 28, 2020 / 3:30 AM / a month ago

正午のドルは109円前半、3週間半ぶり安値 円高加速に警戒

 2月28日、正午のドルは前日NY市場終盤の水準から円高の109円前半。写真は都内で2010年11月撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[東京 28日 ロイター] - 正午のドルは前日NY市場終盤の水準から円高の109円前半。アジア株が総崩れとなる中で円が軒並み高となり、ドルは一時109.18円まで下落。2月4日以来3週間半ぶり安値を更新した。

MSCIが算出する日本を除くアジア株指数は2%超下落。外為市場では円が買われる一方、リスク心理の明暗に応じて売買されることの多い豪ドルやNZドルが大きく売られた。

豪ドルは71円半ばと昨年9月以来、NZドルは68円半ばと同10月以来の安値をつけた。

市場では、ドルが108円台へ下落すると見込む声が増えている。「株安のわりに円高はまだ緩やか。どこかの時点で円買いが急加速するかもしれない」(外銀)という。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below