June 29, 2018 / 3:22 AM / 23 days ago

正午のドルは110円後半、月末・期末のフローが下支え

[東京 29日 ロイター] - 正午のドル/円はニューヨーク市場午後5時時点に比べ、小幅にドル高/円安の110.70/72円付近。

 6月29日、正午のドル/円はニューヨーク市場午後5時時点に比べ、小幅にドル高/円安の110.70/72円付近。写真はワシントンで2015年3月撮影(2018年 ロイター/Gary Cameron)

朝方の取引ではドルはいったん110.38円まで売られたあと、仲値にかけて強含んだ。きょうは月末・期末にあたり、駆け込み的なドル買い需要や企業のリパトリ(資金の本国送金)に関連するドル買いフローが引き続き予想される。ただ、週末を控え利益確定売りも出やすい。

日銀はきょうの国債買入オペで、残存5年超10年以下の国債の買い入れ額を、前回比で200億円減額した。市場では、同オペの減額を経て、ドル買い戻しの動きがいったん強まり、110.60円まで上値を伸ばしたが、直接的な因果関係はないとされる。

一方、中国人民銀行は人民元の対ドル基準値を1ドル=6.6166元に設定。前営業日終値に比べて若干元高だが、前日の基準値6.5960元よりは元安水準。対人民元でのドル高がドル/円相場の下支えをしているとの指摘も聞かれた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below