October 29, 2018 / 3:28 AM / 21 days ago

正午のドルは111円後半、株のマイナス転でじり安

 10月29日、正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の111円後半。写真はワシントンで2015年3月撮影(2018年 ロイター/Gary Cameron)

[東京 29日 ロイター] - 正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の111円後半。

朝方の取引で、ドルは月末の実需のフローも手伝って112.04円まで上昇した。その後、前営業日比で200円超高となっていた日経平均がマイナス転したことで、ドル円の上昇機運にも水が差され、ドルはじり安となった。

市場では「ドル/円というより、クロス円の下値リスクを警戒している。ユーロは現在127円前半だが、週末には126円台まで下落している。英ポンド/円も根強い下降トレンドが続いている」(外為アナリスト)という。

また、きょうからロンドンの取引が冬時間に入るため、午後4時から5時まで「真空地帯」(取引が少なく、ボラティリティが上がりやすい時間帯)となるとの指摘もきかれた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below