December 3, 2019 / 3:41 AM / 5 days ago

正午のドルは109円前半、海外投機筋はロングを手放さず

 12月3日、正午のドル/円は、前日のニューヨーク市場午後5時時点に比べ、若干ドル高/円安の109.13/15円。写真はサラエボで2017年4月撮影(2019年 ロイター/Dado Ruvic)

[東京 3日 ロイター] - 正午のドル/円は、前日のニューヨーク市場午後5時時点に比べ、若干ドル高/円安の109.13/15円。

ドルは前日、半年ぶり高値109.73円から108.92円まで急落したが、きょう午前の取引では下げ渋りとなった。

仲値にかけて実需の買いで109.15円まで上昇し、その後弱含んだものの、正午にかけて再び上昇した。

前日のドル急落にもかかわらずファンドなどの海外投機筋は「まだしぶとくドルロングを持っている」(外国銀)とされ、彼らの粘り強さがドルの下げ渋りの背景にあるとみられる。

この日は、日本、中国、香港と株価が下落しているが、米長期金利は下げ止まっているため、ドルにはサポート材料となった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below