January 30, 2018 / 3:30 AM / 23 days ago

正午のドルは109円前半、米長期金利が再び3年9カ月ぶり高水準

[東京 30日 ロイター] - 正午のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点に比べ、小幅にドル高/円安の109.08/10円。

朝方108円後半で推移していたドルは、実需のフローに支えられ109.07円まで上昇した。その後いったん弱含んだが、正午にかけて米10年国債利回りが上昇基調となると連れ高となった。日経平均株価の下落は材料視されなかった。

「前日は対英ポンドや対ユーロでドルの買い戻しが優勢となったので、きょうもその流れが基本的に続いている。ドルが109.20円をしっかり上抜けられるかが焦点だ」(FX会社)という。

米10年国債利回りは一時2.7329%と、前日の2.7270%を上抜け、2014年4月以来、3年9カ月ぶりの高水準に達した。

米長期金利上昇の背景は、きょう予定されるトランプ大統領の一般教書演説を控えて、米財政赤字の悪化を見込んだ投機的な売りや、米連邦準備理事会(FRB)がきょうから2日間の予定で開催する連邦公開市場委員会(FOMC)で、景気判断を引き上げるとの思惑などがあるという。

超党派の米非営利組織「責任ある連邦予算委員会」(CRFB)は、2019会計年度の連邦財政赤字が1兆ドルを突破するとの試算を発表した。財政赤字が1兆ドルを記録すれば2012年以来となる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below