March 30, 2018 / 3:20 AM / 4 months ago

正午のドルは106円前半、ユーロ/円の売りが目立つ

[東京 30日 ロイター] - 正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル安/円高の106.20/22円。

 3月30日、正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル安/円高の106.20/22円。写真はカイロで昨年3月撮影(2018年 ロイター/Mohamed Abd El Ghany)

東京市場以外はほぼ休場となっている30日は、ユーロ/円の売りが目立っている。

ユーロ/円は午後9時過ぎに131円と午前の高値を付けた後、仲値にかけて130.60円まで急落した。「月末期末に絡むクロス円の実需の売りフローがあったようだ。東京市場ではクロス円の中でユーロ/円が最も取引量に厚みがあるため、ユーロ/円でのオペレーションになったのだろう」(国内金融機関)とみられている。正午時点のユーロ/円は130.77/81円。

ドル/円はユーロ/円での円買いの波及効果で、仲値にかけて下落し、仲値通過後に106.14円まで下値を切り下げ、正午にかけても弱含みで推移した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below