September 30, 2019 / 3:19 AM / 21 days ago

正午のドルは107.95円付近、107円後半でのもみあい続く

 9月30日、正午のドル/円は、27日のニューヨーク市場終盤とほぼ変わらずの107.94/96円。写真はカイロで2016年12月撮影(2019年 ロイター/Mohamed Abd El Ghany)

[東京 30日 ロイター] - 正午のドル/円は、27日のニューヨーク市場終盤とほぼ変わらずの107.94/96円。

月末、半期末にあたるこの日は、仲値公示の前に実需のドル買いが流入し、ドルは一時108.01円付近まで上昇した。

しかし、その後は、明日の中国国慶節に香港で大規模なデモが行われる可能性や米国の対中強硬姿勢の復活に対する懸念などを背景にじり安の展開となった。

午前の取引ではドルに十分な値幅も方向感も出なかったが、107円後半を中心に売り買いが交錯し、取引高は平常より多めだったという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below