February 4, 2019 / 3:35 AM / 6 months ago

正午のドルは109円半ば、株高で底堅い展開

 2月4日、写真はフィリピンの首都マニラで2013年4月撮影(2019年 ロイター/Romeo Ranoco)

[東京 4日 ロイター] - 正午のドル/円は、1日のニューヨーク市場午後5時時点に比べ、わずかにドル高/円安の109円半ば。

前週末に発表された米ISM製造業景気指数が堅調だったことを受け、ドルが対円で上昇した流れを引き継ぎ、ドルは底堅く推移した。日本の株式市場などが堅調だったことも、この日のドルの堅調な足取りに寄与したという。

今週は中国が春節休暇で参加者が減少することが見込まれている。

朝方の取引では、米ミネアポリス地区連銀のカシュカリ総裁が3日、米連邦準備理事会(FRB)の利上げ休止決定は「根本的に健全な」米経済を一段の成長軌道に乗せるとの見方を示したことが伝わった。[L3N1ZY0FU]

しかし、為替相場の反応は限定的だった。

英ポンド/円は、早朝の取引で一時143.08円まで下落したが、正午までには143.30円付近まで小反発した。

英ポンドの小幅な下落には、日産自動車(7201.T)が、スポーツ多目的車(SUV)「エクストレイル」の次期モデルを英国で生産する計画を取りやめ、日本でのみ生産すると発表したことが一因とみられる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below