March 5, 2018 / 3:33 AM / 4 months ago

正午のドルは105円前半、下値リスクが意識されやすい

[東京 5日 ロイター] - 正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べドル安/円高の105.45/47円。

 3月5日、正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べドル安/円高の105.45/47円。写真はベトナムの首都ハノイで2015年8月撮影(2018年 ロイター/Kham)

ドルは早朝の取引で一時105.40円まで下落し、その後は踵(きびす)を返して105.74円まで反発した。しかし、短期筋の戻り売りが待ち受けるとされる106円を試すには至らなかった。仲値公示にかけては再び105.45円付近まで下落。実需の売りフローが散見されたという。

トランプ米大統領が前週表明した鉄鋼とアルミニウムに対する輸入関税や、貿易戦争への言及が、市場参加者にドルの下値リスクを意識させている。

また、日銀の黒田東彦総裁が2日に、現時点で見通している「2019年ごろ」に物価が目標とする2%に達すれば、「出口を検討、議論していくことは間違いない」と述べたことは、「円買いの手掛かりとして投機筋に使われやすい」(邦銀)という。

ユーロ/円をはじめとするクロス円は、年末年始に構築された円売りポジションの巻き戻しが「現在進行形」(外国銀)とされ、ユーロは一時129.75円まで値を下げた。

正午時点のユーロは1.2320/24ドル。朝方の高値は1.2365ドルだった。

ドイツ第2党社会民主党(SPD)の党員投票の結果が4日判明し、メルケル首相率いるキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)との大連立合意が賛成多数で承認された。党員投票では、約3分の2が連立合意に賛成票を投じ、大方の予想以上に反対票との差がついた。

伊RAIテレビによると、イタリアの下院選では、五つ星運動が216―236議席、中道右派が248―268議席、中道左派が107―127議席獲得の見通しだという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below