November 5, 2018 / 3:24 AM / 11 days ago

正午のドルは113円前半、株安や弱い中国指標でも113円台維持

 11月5日、正午のドル/円は、2日のニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の113.18/20円。写真はマニラで2011年8月撮影(2018年 ロイター/Romeo Ranoco)

[東京 5日 ロイター] - 正午のドル/円は、2日のニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の113.18/20円。

日経平均が反落、中国株がマイナス圏で推移、中国の10月サービス部門PMIが50.8と前月から顕著に低下するなど、弱い材料が揃ったが、ドルは113円前半でのもみ合いとなり、午前の取引でドルは113円を割り込むことはなかった。

中国経済のプロキシ(代理変数)とされる豪ドルAUD=は弱い中国PMIを受け0.7183米ドルまで下落した。朝方の高値は0.7204米ドルだった。

一方、2日に発表された10月の米雇用統計の堅調な内容を受けて上昇した米長期金利は高止まり、ドル/円の下値を支えた。

米10年国債利回りは3.2045/2026%の気配。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below