December 6, 2018 / 3:18 AM / 4 days ago

正午のドルは112円後半、株安でリスク回避の円買い

 12月6日、正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル安/円高の112.83/85円。写真はメキシコのシウダー・フアレスで2月撮影(2018年 ロイター/Jose Luis Gonzalez)

[東京 6日 ロイター] - 正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル安/円高の112.83/85円。

朝方の取引では、中国の華為技術の孟晩舟CFOが、米国の対イラン制裁に違反した疑いでカナダで逮捕されたとの報道が伝わり、時間外取引で米国株先物が大幅安となったほか、続いてオープンした日経平均も下げ幅を拡大し、リスク回避のセンチメントが広がった。

こうしたリスク回避を背景とする円買いにより、ドルは一時112.73円まで下落。早朝の高値は113.21円だった。

欧州連合(EU)離脱案の英議会投票を11日に控えた英ポンドは144円前半から143円半ばまで下落した。

「離脱案の議会採決に関しては、ノーディール(合意なし)の可能性もあり、全てが混迷を深めている。個人投資家も、今回は英ポンドから手を引いている状態だ」(FX会社)という。

否決されたとしてもEU側は再交渉を行わない方針だが、メイ氏が2度目の投票で支持を得られるよう支援する考えだという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below