November 6, 2019 / 3:20 AM / 16 days ago

正午のドルは109円付近、人民元高が円安支援

 11月6日、正午のドルは前日NY市場終盤の水準から小幅安の109円前半。前日海外では円が軟調だったが「結局、米連邦公開市場委員会(FOMC)後の高値付近へ、数日ぶりに値を戻しただけ」(トレーダー)といい、方向感が定まっていない状況だという。写真はジャカルタで昨年10月撮影(2019年 ロイター/Beawiharta)

[東京 6日 ロイター] - 正午のドルは前日NY市場終盤の水準から小幅安の109円前半。前日海外では円が軟調だったが「結局、米連邦公開市場委員会(FOMC)後の高値付近へ、数日ぶりに値を戻しただけ」(トレーダー)といい、方向感が定まっていない状況だという。

きょうの話題は中国人民元。人民銀行(中央銀行)が定めた対ドル基準値は3カ月ぶりの元高水準となり、国内スポット市場の人民元も前日に続き、再び1ドル=7元台を3カ月ぶりに割り込んだ。「中国の元安抑制姿勢は、米中対立の軟化が背景にあるのではないか」(証券)として、円安を含むリスクオンムードを後押ししているとの指摘が出ていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below