June 6, 2018 / 3:24 AM / 14 days ago

ドル109円後半で小動き、ユーロ/円は2週間ぶり高値 

[東京 6日 ロイター] - 正午のドルは、前日ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の109.82/84円だった。今週末から来週にかけて重要イベントが目白押しのため、市場は様子見ムードが支配的になっているという。

 6月6日、正午のドルは、前日ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の109.82/84円だった。写真はトルコのディヤルバクルにある両替所で5月撮影(2018年 ロイター/Sertac Kayar)

仲値付近の実需筋の売り買いは交錯したとみられるが、午前6時頃から正午にかけてのドル/円の値幅は20銭未満にとどまった。

一方、午前のユーロは堅調に推移。午前11時前に128.96円まで上昇し、2週間ぶりの高値をつけた。前日、イタリアのコンテ新首相がユーロ圏からの離脱を検討したことはないと言明したことが好感されているほか、欧州中央銀行(ECB)の金融政策に関する観測報道などが材料視された。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below