November 8, 2019 / 3:24 AM / 14 days ago

正午のドルは109円前半、5カ月ぶり高値から反落

 11月8日、正午のドルは前日NY市場終盤の水準とほぼ変わらずの109円前半。写真はハノイで2015年8月撮影(2019年 ロイター/Kham)

[東京 8日 ロイター] - 正午のドルは前日NY市場終盤の水準とほぼ変わらずの109円前半。海外市場では米株高の勢いに乗ってドルも5カ月ぶり高値を更新したが、アジア市場の時間外取引では米株先物が小幅に反落。日経平均も急速に上げ幅を縮小したことなどから、上値の重い展開となった。

ドルは一時109.15円まで下落した。前日には109.49円と5月31日以来り高値をつけたが、久々の高値圏となる109円台では戻り売り圧力が強いという。「引き続き米中関連ニュースに一喜一憂する可能性が高く、簡単には手が出せない」(FX関係者)といい、様子見ムードも強かった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below