July 6, 2018 / 3:12 AM / 2 months ago

正午のドルは110円半ば、米中貿易戦争を見極め

[東京 6日 ロイター] - 正午のドルは前日NY市場終盤の水準とほぼ変わらずの110円半ば。米国の対中関税発動発表を目前に控え、積極的な売買は限られた。

 7月6日、正午のドルは前日NY市場終盤の水準とほぼ変わらずの110円半ば。米国の対中関税発動発表を目前に控え、積極的な売買は限られた。写真はミャンマーのヤンゴンで2013年5月撮影(2018年 ロイター/Soe Zeya Tun)

株高が支えとなってドルは一時110.75円と3日以来の高値を付けたが、午前の値幅は上下22銭とわずかだった。

ユーロも1.16ドル後半、129円前半で目立った動きはなかった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below