August 2, 2018 / 3:29 AM / 3 months ago

正午のドルは111円後半、株安で上値追いはできず

[東京 2日 ロイター] - 正午のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、小幅にドル安/円高の111.62/64円。

 8月2日、正午のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、小幅にドル安/円高の111.62/64円。写真は都内で2010年11月撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)

この日は日経平均や中国株が下落したことで、リスクオフの地合いとなった。

上海総合株価指数は前営業日比で2%超下落している。

ドルは早朝の高値111.74円から111.54円まで下落した。ただ、前日海外市場の安値111.39円は下回らなかった。

一方、米10年国債利回りは2.9971/9952%と高止まりしていたが、ドル/円への影響は限定的だった。

前日発表された米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明文は、米経済の力強さを強調する内容となったため、9月の利上げを確実視する市場参加者が多い一方で、トランプ大統領の保護貿易によるグローバル経済への悪影響、原油高等で米消費がピークアウトする可能性など、先行きの不安材料を指摘する声も出ており、ドルの支援材料とはならなかった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below