November 7, 2019 / 3:11 AM / 12 days ago

正午のドルは108円後半、円じり高 ユーロ1ヵ月ぶり安値

 11月7日、正午のドルは前日NY市場終盤の水準から小幅安の108円後半。写真はハノイで2016年5月撮影(2019年 ロイター/Kham)

[東京 7日 ロイター] - 正午のドルは前日NY市場終盤の水準から小幅安の108円後半。一時108.72円まで売られ、5日以来の安値をつけた。米中対立の行方に一喜一憂する展開が続いており、海外市場で強まったリスク回避の円高の流れを引き継いだ。

円は対ドル以外でも堅調。ユーロは120円前半まで下げ幅を広げ、10月16日以来ほぼ1カ月ぶり安値を更新した。市場では、国際通貨基金(IMF)がユーロ圏の今年の成長率見通しを1.2%と、4月の1.3%から下方修正したことが話題を集めた。

IMFはリポートの中で「深刻な景気悪化に備え、緊急対策を実行できるよう準備しておくべきだ」と提唱している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below