February 26, 2018 / 3:43 AM / 9 months ago

正午のドルは106円半ば、売り優勢

 2月26日、正午のドルは前週末NY市場終盤の水準から小幅安の106円半ば。実質的な月内最終売買日に当たるこの日の東京市場は、実需を中心に売りが先行した。写真はメキシコのモンテレーで2016年11月撮影(2018年 ロイター/Daniel Becerril)

[東京 26日 ロイター] - 正午のドルは前週末NY市場終盤の水準から小幅安の106円半ば。実質的な月内最終売買日に当たるこの日の東京市場は、実需を中心に売りが先行した。

一時300円超の上昇となった日経平均が前引けかけて上げ幅を縮小したことも、上値を押さえる一因となったようだ。

ドルは早朝取引で薄商いの下、一時107.29円まで大きく上昇した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below