September 21, 2018 / 3:37 AM / 3 months ago

正午のドルは112円半ば、一時2カ月ぶり高値

 9月21日、正午のドルは前日NY市場終盤の水準から小幅高の112円半ば。一時112.71円まで上昇し、7月19日以来2カ月ぶり高値をつけた。写真はハノイで2016年5月撮影(2018年 ロイター/Kham)

[東京 21日 ロイター] - 正午のドルは前日NY市場終盤の水準から小幅高の112円半ば。一時112.71円まで上昇し、7月19日以来2カ月ぶり高値をつけた。

アジア株式市場は全般堅調で、円安地合いが継続した。連休を控えて午前の値動きは鈍かったが、正午前に小幅に円安が進み、海外市場でつけた高値を上抜けた。

市場では、来週行われる日米通商協議や首脳会談の行方が注目を集めている。

茂木敏充経済再生担当相はきょうの閣議後会見で、ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表との日米通商協議(FFR)を、24日にニューヨークで行うと発表した。 菅義偉官房長官は、安倍首相が23日夕にトランプ米大統領との夕食会に参加し、26日に首脳会談を行うことを明らかにした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below