October 18, 2018 / 3:16 AM / a month ago

正午のドルは112円半ば、1週間ぶり高値

 10月18日、正午のドルは前日NY市場終盤の水準とほぼ変わらずの112円半ば。早朝に一時112.74円まで上昇し、10日の海外市場以来、1週間ぶりの高値をつけた。写真はマニラの両替所で2011年8月撮影(2018年 ロイター/Romeo Ranoco)

[東京 18日 ロイター] - 正午のドルは前日NY市場終盤の水準とほぼ変わらずの112円半ば。早朝に一時112.74円まで上昇し、10日の海外市場以来、1週間ぶりの高値をつけた。

米金利上昇に伴うドル買いに加え、米財務省がけさ発表した為替報告書で、日本に関する記述が穏やかだったことも、円の下落圧力となった。

ただ、この日のアジア株式市場は海外の流れを引き継ぎ軒並み安。円が大きく売られることもなかった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below