January 4, 2019 / 3:42 AM / 19 days ago

正午のドルは108円前半、国内勢が買い支え

 1月4日、正午のドルは前日NY市場終盤の水準から小幅高の108円前半。前日104円台まで急落したドルは切り返しが続き、一時108.20円をつけた。写真はキエフで2016年10月撮影(2019年 ロイター/Valentyn Ogirenko)

[東京 4日 ロイター] - 正午のドルは前日NY市場終盤の水準から小幅高の108円前半。前日104円台まで急落したドルは切り返しが続き、一時108.20円をつけた。市場では107円半ば付近で国内勢の買いが入ったとの指摘が出ている。

参加者の当面の注目点は、急落前の水準である108円後半から109円台を回復できるか。きょうの米雇用統計等で再び上値の重い展開となれば、前日につけた2年2カ月ぶり安値となる104円台へ「2番底を探る展開となる」(シティグループ証券の高島修チーフFXストラテジスト)という。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below