January 23, 2019 / 3:13 AM / in 3 months

正午のドルは109円後半、株価のプラス転換を好感

 1月23日、正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ小幅にドル高/円安の109円後半。写真はハノイで2012年4月撮影(2019年 ロイター/Kham)

[東京 23日 ロイター] - 正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ小幅にドル高/円安の109円後半。

米政府機関の一部閉鎖解除に向けた進展があるとの期待感や、株価のプラス転換を好感して109.50円を上抜けたドルは、ストップロスの買い戻しを巻き込んで、上昇に弾みがついた。

朝方の取引では、輸入企業による散発的なドル買いも観測されたという。

クロス円は全般に堅調で、英ポンドが142円前半、ユーロが124円後半まで上昇した。こうしたクロス円での円売りが、ドル/円の上昇をけん引したとの見方も出ていた。

きょうは日銀金融政策決定会合で現状維持を決定した。

物価見通しの下方修正は、市場で事前に予測されていた。

この結果を受けて、ドルは数銭ほど下落し、すぐ反発した。

市場では黒田総裁の会見も注目されている。

ただ、総裁は「外部環境が変化しても、会見ではほぼ同じことしか言わないので、サプライズは期待できない」(国内銀)との声も聞かれた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below