February 8, 2019 / 3:58 AM / 3 months ago

正午のドルは109円後半、豪ドル安で円堅調

 2月8日、正午のドルは前日NY市場終盤の水準とほぼ変わらずの109円後半。写真はカイロで2016年12月撮影(2019年 ロイター/Mohamed Abd El Ghany)

[東京 8日 ロイター] - 正午のドルは前日NY市場終盤の水準とほぼ変わらずの109円後半。アジア株が全面安となったことを受けて、円の堅調さが全般に目立った。ユーロは124円前半と2週間ぶり安値をつけた。

午前の取引で目立ったのは豪ドル。78円前半から77円半ばまで売られ、1カ月ぶり安値をつけた。中銀が四半期金融政策報告で、今年の成長率見通しを3.0%へ引き下げたことなどが手がかり。前回11月時点では3.3%の見通しだった。

市場では「(中銀が発する)金融政策のシグナルはわずかならハト派へ転じている。今後は経済指標が重要になる」(バークレイズ)との指摘が出ていた。

前日は英欧でも、当局が今年の成長見通しを下方修正。トランプ米大統領が中国との通商協議の期限である3月1日までに、習近平国家主席と会談する計画はないと述べるなど「ドル110円台回復のハードルはやや上がった」(シティグループ証券チーフFXストラテジストの高島修氏)印象を持つ参加者が少なくない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below