March 5, 2019 / 3:26 AM / 3 months ago

正午のドルは111円後半、中国の経済指標で下振れ

 3月5日、正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、若干ドル高/円安の111.87/89円付近。写真はソウルで2011年8月撮影(2019年 ロイター/Jo Yong-Hak)

[東京 5日 ロイター] - 正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、若干ドル高/円安の111.87/89円付近。

五・十日にあたるこの日は、仲値にかけて実需の買いが流入しドルが強含んだが、その後発表された2月の中国サービス部門PMIが51.1と4カ月ぶりの低さとなったことを嫌気し、111.80円付近まで反落した。

「ドルは底堅いとも、上値が重いとも言える状況だが、昨日も112円台定着に失敗したので、円売り機運は後退しているようだ」(外為アナリスト)という。

中国の李克強首相は、きょうから約10日間の日程で開催された第13期全国人民代表大会(全人代)第2回会議の冒頭演説で、2019年のGDP伸び率目標を6.0―6.5%と設定したことを明らかにした。財政赤字の対GDP比は2.8%とした。

GDP伸び率目標は昨年の6.5%から下方修正されたが、市場は織り込み済みだったとされ、特段の反応を示さなかった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below