March 7, 2019 / 3:19 AM / 6 months ago

正午のドルは111円半ば、豪ドルが小幅反発

 3月7日、正午のドルは前日NY市場終盤の水準とほぼ変わらずの111円半ば。写真はカイロで2017年3月撮影(2019年 ロイター/Mohamed Abd El Ghany)

[東京 7日 ロイター] - 正午のドルは前日NY市場終盤の水準とほぼ変わらずの111円半ば。海外市場に続き、アジア株にも売りが先行したことで、円がやや底堅い動きとなり、ドル/円は今月1日以来の安値となる111.57円まで一時下落した。

主要通貨は全般小動きだったが、前日大きく売られた豪ドルは小幅反発。「テクニカル的に重要な節目となる0.70ドル付近の攻防が激しい」(アナリスト)という。

豪の1月小売売上高は前月比0.1%増と予想の0.3%増を下回った。豪ドルは0.7022ドルまでいったん下落、2カ月ぶり安値を更新した後に、0.70ドル半ばまで切り返した。

豪ドル/円も同様の動きで、78円前半と2週間ぶり安値へ下落した後、同半ばへ小幅上昇した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below