April 2, 2019 / 3:17 AM / 23 days ago

正午のドルは111円前半、株伸び悩みと米長期金利低下が足かせ

 4月2日、正午のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の111.32/34円。写真はメキシコのモンテレーで2016年11月撮影(2019年 ロイター/Daniel Becerril)

[東京 2日 ロイター] - 正午のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の111.32/34円。 

早朝の取引でドルは、海外市場で買われた流れを引き継いで111.46円まで上昇したが、チャート上の200日移動平均線(111.47/48円)を上抜けできなかったことで反落した。日経平均の上げ幅縮小や米長期金利の低下も、短期筋によるドルロングの投げを誘発した。

米10年国債利回りは正午時点で2.4795/4777%の気配。同利回りは前日のニューヨーク市場で一時2.50%と1週間ぶりの高水準をつけた。

市場では、昨日発表された米小売のデータがかなり弱く、ドル買いに積極的になりにくいとの声も複数聞かれた。

2月の米小売売上高は前月比0.2%減と、市場予想の0.3%増に反してマイナスに転じた。自動車やガソリン、建材、食品サービスを除いたコア指数は前月比0.2%減だった。

市場の一部では、日米貿易交渉に関する報道が話題となっていた。

茂木敏充経済再生担当相は2日の閣議後の記者会見で、日本と米国の新たな貿易交渉について4月にも米国で開催されるとの見通しを示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below