April 26, 2019 / 3:07 AM / 3 months ago

正午のドルは111円半ば、2週間ぶり安値圏

 4月26日、正午のドルは前日NY市場終盤の水準と変わらずの111円半ば。調整売買が主導する中で上値が重く、111.45円と前日海外でつけた2週間ぶり安値に迫る場面もあった。写真はブエノスアイレスで昨年8月撮影(2019年 ロイター/Marcos Brindicci)

[東京 26日 ロイター] - 正午のドルは前日NY市場終盤の水準と変わらずの111円半ば。調整売買が主導する中で上値が重く、111.45円と前日海外でつけた2週間ぶり安値に迫る場面もあった。

ドルは前日に111.37円まで下落。4月11日以来約2週間ぶり安値をつけた。

麻生太郎財務相は、ワシントンで行われた日米財務相会談後の会見で、「日本の立場として、貿易政策と為替政策をリンクさせるような議論には賛同しかねる」と主張したことを明らかにした。

報道によると、ムニューシン米財務長官は会談で、貿易交渉の中で為替問題を協議していくよう財務相に求めたが、次回会談は秋頃との報道もあり、円相場の反応はほとんどなかった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below