May 29, 2019 / 3:14 AM / 23 days ago

正午のドルは109円前半、米長期金利低下でも下げ渋り

 5月29日、正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の109.39円付近。写真はマニラで2011年8月撮影(2019年 ロイター/Cheryl Ravelo)

[東京 29日 ロイター] - 正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の109.39円付近。

朝方の取引では日経平均の下げ幅拡大や米長期金利の低下を受けて、ドルは109.15円まで下落した。

しかし、スポット月末応答日のこの日は、実需のドル買いフローが仲値公示にかけて活発化し、ドルの下値を支える格好となった。

米10年国債利回りUS10YT=RRは2.2400%(ビッドサイド)まで低下し、2017年9月以来の低水準をつけた。

ユーロ/円は一時121.93円まで下落。イタリアの財政不安などを背景にユーロは全般に弱く、ユーロ/円でも下値リスクが意識されている。

イタリアのサルビー二副首相は28日、欧州委員会が欧州連合(EU)の財政規律違反で同国に30億ユーロの制裁金を科す恐れがあると指摘し、財政規律は時代遅れで不公正だと主張して戦う構え。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below