July 25, 2019 / 3:18 AM / 4 months ago

正午のドルは108円前半、ECB理事会後はユーロ高か

 7月25日、正午のドルは108円前半。日中は108.12─108.24円と上下わずか12銭の値動きだった。写真はカイロで3月撮影(2019年 ロイター/Mohamed Abd El Ghany)

[東京 25日 ロイター] - 正午のドルは108円前半。日中は108.12─108.24円と上下わずか12銭の値動きだった。きょうの欧州中央銀行(ECB)理事会を前に、売買を手控える向きが多かったという。

ECB理事会は政策金利を据え置きつつ、フォワードガイダンスを一部修正し、9月の利下げを示唆するとの予想が中心。金利先物市場は0.1%の利下げを4割程度の確率で織り込んでいるため、発表後は過度な利下げ予想が修正される形で、ドイツのイールドカーブがベアフラット化し、ユーロが買われる可能性もあるという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below