August 29, 2019 / 3:28 AM / 19 days ago

正午のドルは105円後半、実需の売りや米長期金利低下でじり安

 8月29日、正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、小幅にドル安/円高の105.90/92円。写真はメキシコのモンテレーにある両替所で2016年11月撮影(2019年 ロイター/Daniel Becerril)

[東京 29日 ロイター] - 正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、小幅にドル安/円高の105.90/92円。

午前の取引では実需筋の売りが散見されたほか、米長期金利が再び1.45%を割り込んだことで、ドルの上値が重くなった。

市場では「(米国債市場で)逆イールドが定着しそうなこと、株式市場が、逆イールドが示唆する景気減速を警戒していることなどで、(外為市場も)リスクオンになりにくい」(国内銀)との意見が聞かれた。

現在、2年債利回りと10年債利回りのスプレッドUS2US10=TWEBはマイナス4.5ベーシスポイント(bp)。前日の海外市場ではマイナス6.5bpまで拡大した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below