for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ドル高基調に再び転じるか、リスクオフの円買いにも警戒=来週の外為市場

来週の外為市場では、ドルが再び115円台を回復するかが焦点となりそうだ。写真はドル紙幣、2020年5月撮影(2021年 ロイター/Dado Ruvic)

[東京 26日 ロイター] - 来週の外為市場では、ドルが再び115円台を回復するかが焦点となりそうだ。週前半はリスク回避の円買いが警戒される一方、週内に発表される米経済指標や米連邦準備理事会(FRB)高官の発言で米長期金利が上昇に転じれば、再びドル円は上方向に向くとみられる。

予想レンジはドルが114.00━116.00円、ユーロが1.1100―1.1300ドル。

南アフリカで新型コロナウイルスの新たな変異株が検出され、既存ワクチンによる予防効果が低い可能性への懸念から、投資家心理が悪化。リスク回避の円買いが強まり、足元のドル/円は114円半ばに下落している。

上田東短フォレックスの営業推進室長、阪井勇蔵氏は「リスク回避ムードが一服すれば、早い段階でドル/円は115円台を回復するのでないか」とした上で、114.50ー115.50円のレンジを中心に方向感を探る展開になると予想する。

米国では、パウエル議長やクラリダ副議長の講演などFRB高官による講演が予定されているほか、11月のISM製造業景況指数や雇用統計など、主要な経済指標の発表が相次ぐ。

市場では「テーパリングの加速や来年に3回の利上げが今後市場で織り込まれるかどうかが年内の最大の注目点」(みずほ証券のマーケットストラテジスト、鈴木健吾氏)とみられ、米長期金利が上昇に転じれば、ドル/円は再び上方向を目指す展開となりそうだ。

ただ、ドル円は急速に円売りポジションが膨らみはじめた9月半ば時点から値幅が4ー5%を超えてきており、「投機筋による利益確定売りが出やすい」(国内証券)ほか、月末要因で実需によるドル売りも出やすく、ドル円の上昇スピードは緩やかになるとみられる。

ユーロは、新型コロナの感染再拡大への懸念や欧米の金融政策の違いが意識され、売り圧力が強まりやすい。市場では「買い材料に乏しく、一段安になってもおかしくない」(外為アナリスト)との声が聞かれた。

このほか、主なスケジュールとしては、11月中国製造業PMIや11月ユーロ圏消費者物価指数、11月米消費者物価指数などの発表が予定されている。また、12月1日ー2日に開催される石油輸出国機構(OPEC)とロシアなどの非加盟産油国で構成する「OPECプラス」で、主要消費国による石油備蓄放出に対する主要産油国の対応に注目が集まっている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up