May 20, 2019 / 6:25 AM / 2 months ago

ドル110円前半、1週間半ぶり高値

[東京 20日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅高の110円前半。予想を上回る1─3月期国内総生産(GDP)を受けて110.32円まで買われ、今月8日以来1週間半ぶり高値を更新した。

 5月20日、午後3時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅高の110円前半。写真は日本円紙幣と米ドル紙幣。2017年6月に撮影(2019年 ロイター/Thomas White)

この日のドルはGDPの発表後に一段高。季節調整済み前期比年率でプラス2.1%と、事前予想のマイナス0.2%を大きく上回ったことで、株高期待の円売りが進んだ。

しかし、午後に入るとドル買いは失速。110円前半へじり安となった。

三菱UFJ銀行チーフアナリストの内田稔氏によると「設備投資も民間消費支出もマイナスで、内需は弱い。今後は貿易戦争の影響で外需が悪化し、内需をさらに下押しすることも見込まれる。強い結果とはいえず、株高期待の円安は持続しない」という。

きょうのアジア市場で、動きが目立ったのは豪ドル。シンガポールやマレーシアなどが休場で取引が縮小ぎみの中、76円半ばと前週末終盤の75円半ばを上回る水準へ買われた。

手がかりは総選挙。事前に苦戦が伝えられていたモリソン首相率いる与党保守連合が、下院で単独過半数を獲得したことで、政権交代による政策変更懸念が後退。株式市場の主要指数は約11年ぶりの高値を更新した。

豪ドルは対米ドルでも堅調。前週につけた1月以来の安値圏から0.69ドル台へ反発した。

ドル/円JPY=  ユーロ/ドルEUR=  ユーロ/円EURJPY=

午後3時現在 110.13/15 1.1151/55 122.82/86

午前9時現在 110.16/18 1.1162/66 122.99/03

NY午後5時 110.07/10 1.1256/60 122.79/83

為替マーケットチーム

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below