January 8, 2019 / 6:55 AM / 12 days ago

ドル一時109円台、円急騰前の水準回復

 1月8日、午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点と変わらずの108円後半。一時109.00円まで上昇し、円が急騰した今月3日以来の高値をつけた。米中対立の緩和期待や株価の下げ止まりが、円安地合いを支えている。写真はブエノスアイレスで昨年8月撮影(2019年 ロイター/Marcos Brindicci)

[東京 8日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点と変わらずの108円後半。一時109.00円まで上昇し、円が急騰した今月3日以来の高値をつけた。米中対立の緩和期待や株価の下げ止まりが、円安地合いを支えている。

全般小動きの中で目立ったのは、クロス円の底堅さ。ドルと円がともに軟化しているためで、ドル安は米利上げの先送り期待、円はそれに伴う株高見通しが手がかりとなっている。ドル安は「リスク回避ムードの緩和も寄与している」(外銀)面もあるという。

この日の取引で、ユーロは124円後半、英ポンドは139円付近と2日以来の高値を更新。豪ドルは77円後半と年初来高値を更新した。

ドル/円は午前こそ横ばいが続いたが、日経平均が上げ幅を広げた午後に小幅上昇。104円台まで一気に急落した3日の下げ幅を埋めた。急落前の水準を早期に回復したことで、今後は「下値が堅いとの見方が強まりやすくなる」(別の外銀)という。

ただ、上値では「個人が戻り売り姿勢を強めており、ポジションが売り持ちへ傾いてきた」(証拠金関係者)との指摘もあった。レンジ推移を見越した売りはファンド勢からも出ているもようで、ドルはその後108円後半へ反落した。

ドル/円JPY=  ユーロ/ドルEUR=  ユーロ/円EURJPY=

午後3時現在 108.77/79 1.1443/47 124.49/53

午前9時現在 108.61/63 1.1477/81 124.67/71

NY午後5時 108.70/73 1.1474/77 124.73/77

為替マーケットチーム

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below