January 31, 2020 / 9:20 AM / 2 months ago

東京マーケット・サマリー(31日)

■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>

ドル/円JPY= ユーロ/ドルEUR= ユーロ/円EURJPY=

午後5時現在 109.04/06 1.1026/30 120.25/29

NY午後5時 108.95/98 1.1030/34 120.19/23

午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点より小高い109円前半。日経平均の上昇や米長期金利の小反発を受け、109円前半での滞留時間が長かった。未明に108.58円と3週間ぶりの安値を付けたが、108円半ばを割らなかったことで、海外短期筋の買い戻しが入った。

<株式市場>

日経平均 23205.18円 (227.43円高)

安値─高値   23139.98円─23421.59円

東証出来高 13億7692万株

東証売買代金 2兆6149億円

東京株式市場で日経平均株価は反発した。世界保健機関(WHO)による緊急事態宣言を契機に新型肺炎の収束期待が高まった。外為市場でドル/円が円安方向に振れたことも好感され、買い戻しが活発化。一時上げ幅は400円を超えた。その後、買いは続かなかったものの大きく売られる材料もなく、後場はプラス圏でもみあいが続いた。

東証1部騰落数は、値上がり1507銘柄に対し、値下がりが573銘柄、変わらずが79銘柄だった。

<短期金融市場> 18時05分現在 

無担保コール翌日物金利(速報ベース) -0.039%

ユーロ円金先(20年3月限) 99.995 (+0.015)

安値─高値 99.990─99.995

3カ月物TB ───

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.039%になった。「月末要因で調達を手控える動きがあり、加重平均レートは低下した」(国内証券)という。ユーロ円3カ月金利先物は強含み。

<円債市場> 

国債先物・20年3月限 152.86 (+0.09)

安値─高値 152.72─152.88

10年長期金利(日本相互証券引け値) -0.065% (-0.005)

安値─高値 -0.060─-0.070%

国債先物中心限月3月限は前営業日比9銭高の152円86銭となり、続伸して引けた。新型コロナウイルスの感染拡大への根強い警戒感や現物市場の中期ゾーンの強含みを受けて、先物は堅調に推移した。10年最長期国債利回り(長期金利)は一時マイナス0.070%まで低下した。引け値は、前営業日比0.5bp低下のマイナス0.065%。

<スワップ市場> 16時10分現在の気配

2年物 0.02─-0.08

3年物 0.00─-0.09

4年物 0.00─-0.09

5年物 0.00─-0.09

7年物 0.02─-0.07

10年物 0.08─-0.01

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below