November 5, 2019 / 9:14 AM / 15 days ago

東京マーケット・サマリー

■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>

ドル/円JPY= ユーロ/ドルEUR= ユーロ/円EURJPY=

午後5時現在 108.78/80 1.1132/36 121.12/16

NY午後5時 108.56/59 1.1126/30 120.81/85

午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル高/円安の108円後半。米中の歩み寄り期待が各国株を押し上げ、円に下落圧力がかかっている。

<株式市場

日経平均 23251.99円 (401.22円高)

安値─高値   23090.94円─23328.52円

東証出来高 16億6076万株

東証売買代金 3兆0554億円

東京株式市場で日経平均は大幅反発し年初来高値を更新した。前日の米国株主要3指数が過去最高値で取引を終えたことに加え、上海総合指数や米国株式先物などが堅調に推移したことが支えとなった。終値ベースでは2018年10月10日以来となる2万3000円台を回復した。

東証1部騰落数は、値上がり1743銘柄に対し、値下がりが356銘柄、変わらずが55銘柄だった。

<短期金融市場> 17時05分現在

無担保コール翌日物金利(速報ベース) -0.027%

ユーロ円金先(20年3月限) 100.015 (-0.015)

安値─高値 100.010─100.025

3カ月物TB -0.170 (+0.005)

安値─高値 -0.165─-0.170

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.027%になった。「金融機関による資金調達の動きは積み期序盤に比べて落ち着いてきた」(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先物の期先は弱含み。

<円債市場> 

国債先物・19年12月限 153.89 (-0.51)

安値─高値 153.89─154.14

10年長期金利(日本相互証券引け値) -0.140% (+0.045)

安値─高値 -0.125─-0.155%

国債先物中心限月12月限は前営業日比51銭安の153円89銭と急反落して取引を終えた。米中通商協議の進展期待や時間外取引の米10年債利回りの上昇を背景に、軟調に推移した。翌6日の10年債入札を控えて警戒感が広がり、調整地合いも強まった。10年最長期国債利回り(長期金利)の引け値は、前営業日比4.5bp上昇のマイナス0.140%。

<スワップ市場> 16時40分現在の気配

2年物 -0.05─-0.15

3年物 -0.06─-0.16

4年物 -0.05─-0.15

5年物 -0.04─-0.14

7年物 -0.01─-0.11

10年物 0.07─-0.02

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below